<NEW> GEISHA2種飲み比べSET!!!
<NEW> GEISHA2種飲み比べSET!!!
<NEW> GEISHA2種飲み比べSET!!!
<NEW> GEISHA2種飲み比べSET!!!
Barista Map

<NEW> GEISHA2種飲み比べSET!!!

通常価格 ¥5,900 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

大人気のCOLOMBIAとGUATEMALAの飲み比べSETをローンチいたしました!

WEBサイト限定販売となっておりますので、この機会に是非お試しください。

 

-Colombia Huila Terra Verde Geisha Washed 50g

品種: Geisha

製法: WASHED  

高度: 1650‐1900 m

Flavor:Floral, Brownsugar, Orange

 

-Guatemala Coban Aurora Geisha Natural 50g

品種: Geisha

製法: Natural

高度: 1650 m

Flavor:Jasmine, Grape, Muscat

 

  

《詳細》

テラ・ヴェルデ生産組合

本ロット ウイラ テラ・ヴェルデ ゲイシャは、ウイラ県ピタリート周辺の15の小規模生産農家による高品質なスペシャルティロットです。彼らの母体となるTERA COFFEE SASは、2015年に設立された若い生産者グループで、ウイラ県とナリーニョ県を拠点として、高品質なスペシャルティコーヒーの生産に取り組んでいます。ナリーニョ県には140名、ウイラ県には120名のパートナー農家がおり、それぞれの県で【Ecoterra(ナリーニョ)】【TERRAVERDE(ウイラ)】という生産者組合として活動を行っています。
2015年にコーヒー生産に従事していたウベマル・ラッソ氏が小さなコーヒー農家でも直接市場に対して取引を行える事を目標に家族経営でTERA COFFEEを設立し、地域の仲間と生産者組合を作り、活動をしてきました。ウベマル氏は、品質を向上させ、マイクロロットを市場に出すことで、生産者とその家族の生産するコーヒーの価格を上げるだけでなく、生産者の仕事に対するプライドを高めること、そして小規模農家がその限られた土地や生産能力の中でも幸福になれるために力を尽くしています。

 

加速するマイクロロット生産

生物にとっての楽園、いまだ手つかずの熱帯雨林の中に位置するオーロラ農園。その豊かな自然に配慮した農園経営に加え、多品種少量生産のマイクロロット生産にを今後の注力すべきポイントだと、オーナーのアルドさんは語ってくれました。オーロラ農園では試験農場を持っており、マラゴジッペや、パカマラ、SL28、ゲイシャなど品種を育て、ここコバンの地でそれぞれの品種に最適な生産方法について研究を行っています。そして、ほとんどの品種は既に試験段階を終え、実際にマイクロロットとしての収穫、販売が開始。それぞれの品種をさらに精製方法別に細分化、ロット分けを行い、ロースターからの様々な要望を実現可能なものにしています。すでに完成しているように思われるマイクロロット生産ですが、彼らはアップデートしていくことを決してやめません。常に生産方法を強化していくことを目指しています。そこで最も大切にしているのはロースターからのフィードバック。私たちにも積極的にフィードバックを求め、来期以降日本市場にマッチしたものを作ろうとする姿勢は頼もしい限りです。


オーロラ プロジェクト

オーロラ農園のオーナーであるアルドさんのビジョンは、経済的に自立し、ビジネスとしてコーヒー栽培ができる農家さんを育てること。そしてその教育を通して、コバンの土地から貧困をなくしていくことを目標に、日々農家さんの間を駆け回っています。このビジョンの達成に向け、彼は「AURORA STUDIO 」というプロジェクトをスタートしました。これはコーヒーの価格の中にプレミアムを含むというもので、このプレミアムを近隣農家さんにソーラーパネルや、燃焼効率の良いエコストーブ等を配布、設置するための資金に充てています。実際に今回の海ノ向こうコーヒーの買付により、30世帯の農家さんにソーラーパネルやエコストーブが設置されました。また2023年度はその支援に加え、コバンのコーヒー栽培をかつて引っ張ってきた、高齢者の生活支援にも充てられたそうです。ここまで具体的に買付によって起こったインパクトを教えてくれた農園は、中米ではこのオーロラ農園が初めてでした。農家さんとの連携がかなり密に取れていることが想像でき、アルドさんの強い熱意を感じています。

 

 

Barista Map Coffee Roasters Brewのオススメレシピ

 

コーヒーを抽出する器具が違うことによって、同じ豆でも全く違う味わいのコーヒーになります。今回は2種類のドリッパー(HARIO 浸漬式ドリッパースイッチとV60透過ドッリパー)のレシピをご紹介させて頂きます。

ぜひ、ご自宅で癒しのコーヒータイムと共に、お持ちのドッリパーでの味わいの変化や新しい発見を楽しんでくださいませ。

・HARIO 浸漬式ドリッパースイッチ

豆12.5g    お湯200g 温度89~93℃   水の硬度75〜80ppm(軟水のお水)


ドリッパーのスイッチを上にあげて浸漬の状態にする。

0:00〜0:20   40gのお湯を上下に攪拌するように注ぐ。注ぎ終わったら、手の平を開きドリッパーの淵を持って10回ドッリパーを回し、お湯と粉がしっかりと触れ合うように攪拌する。

0:20〜0:30 スイッチを下げ、浸漬から透過にして10秒待つ。


0:30〜1:00 スイッチは透過のまま60gのお湯を上下に攪拌するように8秒程で注ぐ。(スケールメモリ100gまで)※2投目はスピンをしない


1:00〜1:15  50gのお湯を一定の高さから横に回をかくように注ぎ(スケールメモリ150gまで)、残り50gのお湯をドッリパーの中心に1点投下で1分15秒以内で注ぎ切る。そして最後に優しくドリッパーを5回回す。

2:00〜2:30  落ち切り

出来高 170〜172ml

※落ちる速度、味をみて、挽き目と湯温にてを味わいを調整していく

 

 

・V60透過ドッリパー(プラスッッチック)

豆12.0g    お湯190g 温度89~93℃   水の硬度75〜80ppm(軟水のお水)

まず初めにドリッパーにペーパーをセットしお湯でペーパーをリンスする。

0:00〜0:30   40gのお湯を上下に攪拌するように注ぐ。注ぎ終わったら、ティースプーンを使用し、10回前後にお湯と粉がしっかりと触れ合うように攪拌する。(この時スプーンは表面だけでなく、中央部まで深くいれ攪拌する)


0:30〜1:00 60gのお湯を上下に攪拌するように8秒程で注ぐ。(スケールメモリ100gまで)※2投目はスピンをしない


1:00〜1:15  50gのお湯を一定の高さから横に回をかくように注ぎ(スケールメモリ150gまで)、残り50gのお湯をドッリパーの中心に1点投下で1分15秒以内で注ぎ切る。そして最後に優しくドリッパーを5回回す。

2:00〜2:30  落ち切り

出来高 170〜172ml


店舗で提供しているコーヒーは、精製の違いや味わいの方向性によって器具を使い分けております。ぜひ、週末店頭のバリスタにお気軽にお声掛けくださいませ‼︎