Costa Rica Helsar Santa Lucia Geisha Red Honey
Costa Rica Helsar Santa Lucia Geisha Red Honey
Costa Rica Helsar Santa Lucia Geisha Red Honey
Costa Rica Helsar Santa Lucia Geisha Red Honey
Costa Rica Helsar Santa Lucia Geisha Red Honey
Barista Map

Costa Rica Helsar Santa Lucia Geisha Red Honey

通常価格 ¥7,000 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

新商品のご案内!!!

Costa Rica Helsar Santa Lucia Geisha Red Honey

100g:¥7,000

 

生産国 : Costa Rica

地域:Santa Lucia農園

品種:Geisha

標高:1700M

生産処理:RED HONEY

中浅煎り

 

エルサル・デ・サルセロ ミルは、リカルド・ペレス氏、マルビン・ロドリゲス氏、フェリペ・ロドリゲス氏の3人のコーヒー生産者が≪エルサル・デ・サルセロ グループ≫を組織し、ウエストバレー地区でも最も標高が高い、サルセロの町に共同設立したマイクロ・ウエットミルです。彼等はサルセロ地域全体のコーヒー産業を活性化するべく、グループ組織という形を取っている事がエルサルの特徴の1つです。 またエルサルは日本との深い関わりのある生産者でもあります。彼等は生産性を高め・質の高いコーヒーを目指し、有機的なコーヒー生産を積極的に行っています。その中で、日本から伝えられたぼかし肥料を中心とした農地づくりを行っています。

有機微生物を活用し作られるこのぼかし肥料は、コーヒーの生産処理で発生する外果皮や果肉が利用され、これらを発酵させて作られています。また肥料だけでなく、適切な微生物を直接葉面散布する事で病害虫対する耐性を強めています。エルサルでは、2000年より肥料の研究を開始し、有機的で循環型の農法を取り入れる事で、毎年の品質や収穫量の安定化だけでなく、チェリーの糖度の向上に繋がり、安定した素晴らしい品質のコーヒーを毎年提供しています。 環境負荷を抑え、循環型のサスティナブルなコーヒー生産を目指しているエルサル。コーヒーの風味を形成する特別な肥料を用いた土壌への挑戦は、彼らが理想とする豊かな甘みと華やかなフレーバーを享受する素晴らしいコーヒーに昇華されます。 また、揺るぎないコーヒー体験を目指して新たに生産されたこのゲイシャ種は、Emblematic Coffeeとしてエルサルの集大成とも言える彼等を象徴するコーヒーに仕上がっています。

希少なコーヒーを是非お試しください!! 

 

Barista Map Coffee Roasters Brewのオススメレシピ

コーヒーを抽出する器具が違うことによって、同じ豆でも全く違う味わいのコーヒーになります。今回は2種類のドリッパー(HARIO 浸漬式ドリッパースイッチとV60透過ドッリパー)のレシピをご紹介させて頂きます。

ぜひ、ご自宅で癒しのコーヒータイムと共に、お持ちのドッリパーでの味わいの変化や新しい発見を楽しんでくださいませ。

・HARIO 浸漬式ドリッパースイッチ

豆12.5g    お湯200g 温度89~93℃   水の硬度75〜80ppm(軟水のお水)


ドリッパーのスイッチを上にあげて浸漬の状態にする。

0:00〜0:20   40gのお湯を上下に攪拌するように注ぐ。注ぎ終わったら、手の平を開きドリッパーの淵を持って10回ドッリパーを回し、お湯と粉がしっかりと触れ合うように攪拌する。

0:20〜0:30 スイッチを下げ、浸漬から透過にして10秒待つ。


0:30〜1:00 スイッチは透過のまま60gのお湯を上下に攪拌するように8秒程で注ぐ。(スケールメモリ100gまで)※2投目はスピンをしない


1:00〜1:15  50gのお湯を一定の高さから横に回をかくように注ぎ(スケールメモリ150gまで)、残り50gのお湯をドッリパーの中心に1点投下で1分15秒以内で注ぎ切る。そして最後に優しくドリッパーを5回回す。

2:00〜2:30  落ち切り

出来高 170〜172ml

※落ちる速度、味をみて、挽き目と湯温にてを味わいを調整していく

 

 

V60透過ドッリパー(プラスッッチック)

豆12.0g    お湯190g 温度89~93℃   水の硬度75〜80ppm(軟水のお水)

まず初めにドリッパーにペーパーをセットしお湯でペーパーをリンスする。

0:00〜0:30   40gのお湯を上下に攪拌するように注ぐ。注ぎ終わったら、ティースプーンを使用し、10回前後にお湯と粉がしっかりと触れ合うように攪拌する。(この時スプーンは表面だけでなく、中央部まで深くいれ攪拌する)


0:30〜1:00 60gのお湯を上下に攪拌するように8秒程で注ぐ。(スケールメモリ100gまで)※2投目はスピンをしない


1:00〜1:15  50gのお湯を一定の高さから横に回をかくように注ぎ(スケールメモリ150gまで)、残り50gのお湯をドッリパーの中心に1点投下で1分15秒以内で注ぎ切る。そして最後に優しくドリッパーを5回回す。

2:00〜2:30  落ち切り

出来高 170〜172ml


店舗で提供しているコーヒーは、精製の違いや味わいの方向性によって器具を使い分けております。ぜひ、週末店頭のバリスタにお気軽にお声掛けくださいませ‼︎