KING of Ethiopia       <Jasper CMセレクション>
KING of Ethiopia       <Jasper CMセレクション>
KING of Ethiopia       <Jasper CMセレクション>
Barista Map

KING of Ethiopia      

通常価格 ¥3,000 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

スペシャルなコーヒー豆のご案内!! 

バリスタの世界大会でも使用されているCMプロセス「Jasper」をBarista Map Coffee Roastersから販売を始めます。 

キロ数万円で取引されるほど、高価なコーヒーを

50g ¥3,000(税込)

ご購入価格3000円以内は送料無料!!

Ethiopia Guji

Jasper T124 CMN

Altitude: 1800m

Variety: Heirloom   

-CM Selections-

Carbonic Maceration(CM)プロセスは、2015年にシアトルで開催されたワールドバリスタチャンピオン シップで、Project Originの創設者であるSašaŠestić氏によって最初に世界に紹介された。 それ以来、 Project Originは、さまざまな国でさまざまなCM技術を研究および開発してきた。 

2017/18年、Los PirineosのCM Washed Pacamaraの実験ロットは、2018 El Salvador Cup of Excellenceで6 位を獲得し、非常に素晴らしい結果をもたらした。農場主ギルベルト氏の細部へのこだわりと完璧な乾燥 への配慮は、ロスピリネオスのCMロットから素晴らしさを引き出すのに大きな役割を果たしている。 

CM Process 

チェリーは完全に熟したものを選んで収穫し、さらに手作業で選別し、水に浮かせて熟していないチェリ ーや熟しすぎたチェリーを取り除く。 CM Washedは、チェリーの皮を剥いた後、温度と湿度の管理可能 なステンレスタンクに入れて二酸化炭素(CO2)を注入し、酸素を追い出すことで無酸素状態にし、発酵させることにより、タンク内のさまざまな種類の酵母菌の活動が、コーヒーとどのように相互作用するか を見極めながらコントロールすることができ、最終的なカップで非常に素晴らしい結果が生まれている。 CM Processでは、酵母菌が粘液質に含まれる糖分を分解する速度をコントロールすることで、独自の風味 体験を創造している。 

 

-CMProcessは通常のコーヒー処理とどう違うか?-

コーヒーのProcessには、ナチュラル、フリーウォッシュト、ハニープロセス、セミウォッシュトなどがあ り、 これらのProcessでは、さまざまな方法を使用して、コーヒーチェリーからコーヒー豆(種子)を取り出 す。 CMプロセスは、これらのメソッドを置き換えるものではなく、 むしろ、これらのProcessに別のステ ップを追加している。 たとえば、CMセレクションのコーヒーも、ナチュラル、ウォッシュドなどと同じ ように分類されるが、カーボニックマセレーションのプロセスも含まれている。 したがって、CMセレク ションのコーヒーは、Carbonic Macerated(CM)Washedなどと表記されている。 

 

-Processing Details-

1, 糖度 20-22 度の完熟した赤紫色のチェリーを収穫
2, 
パルピング(剥く)後、ステンレスタンクにパーチメントを入れて、二酸化炭素を注入 し酸素を追い出す
3, 
タンク内の気温、湿度をコントロールし酵母の活性度を調整
4, 
タンクから出して、アフリカンベッドで 28 日間乾燥。
5, 
毎時間均一に乾燥かける為に動かす。

 

Barista Map Coffee Roasters Brewのオススメレシピ

(Total 200gの抽出・温度90℃・硬度20〜40の軟水)

1)ベーパーを湯すぎ&予熱で温める

2)ドリッパー内のコーヒーの粉を振りながら均等&水平にする

3)40gのお湯を注ぎ、蒸らす(〜30秒)

4)40gのお湯を真ん中から外へ向かって回しながら注ぎ、また真ん中へ戻る(〜1分)

5)120gのお湯を注ぐ(〜2-2.5分)

レシピ1杯用:13gのコーヒー&200mlのお湯 (①40g ②40g③120g/〜2-2.5分)

レシピ2杯用:16.5gのコーヒー&250gのお湯 (①50g ②50g③150g/2-2.5分)