NEW!!!   Honduras Los Pinos Geisha Washed
Barista Map

NEW!!! Honduras Los Pinos Geisha Washed

通常価格 ¥4,800 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Honduras Los Pinos  Geisha  Washed

100g:¥4,800

 

 

生産国 : HONDURAS

地域: LOS PINOS

品種: ゲイシャ

標高: 1,600~1,800M

生産処理:水洗式

中浅煎り

 

 

ロス・ピニョス農園のオルランド氏は、元々は牧畜農家でしたが、コーヒーを大量生産して生計を立てたいと思い描き、その開業資金を得るためにアメリカへ2年間出稼ぎに行き、1994年から最愛の家族とロス・ピニョス農園を興し、コーヒー生産を開始しました。庭にあったティピカの木から80本の苗木を栽培してのスタートだったと言います。

 日本との親交も深く、元々はコパンにあるBeneficio Santa Rosaへコーヒーを納入しており、そこで彼のコーヒーを知った日本のバイヤーの手で2014年に初めて日本に到着しました。高い評価を得て、生産面積を増やす中、2016年のレンピラ県の地域コンペティションでCOEのヘッドジャッジを務め、同国のスペシャルティコーヒーを牽引するRaga Caféのロニー・ガメス氏がロス・ピニョス農園のコロンビア種に90点を付けた事が地元新聞に掲載され、オルランド氏と親交を持ち、彼のティピカをオーストラリアや台湾の名だたるバイヤーにも発信。知る人ぞ知る農園となります。

農園をスタートした当初は大量生産を掲げていたオルランド氏ですが、彼のコーヒーを支持してくれ、来訪してくれるバイヤーたちとの繋がりから、いつしか彼の目的は、量ではなく質の高いコーヒーを生産することに変わりました。

2018年にはCup of Excellenceで第2位を受賞すると、同農園のティピカは一気にブレイク。唯一無二のフレーバーを持ったティピカは、世界中にその名が知れ渡り、その特別なフレーバーを持ったティピカは、いつの間にかティピカ・カルバハルと評されるようにまでなりました。その後も2019年、2021年と連続して上位入賞を果たし、ホンジュラスを代表する生産者の1人に数えられています。最盛期に熟度の高いチェリーを収穫するために、土壌の栄養管理や選定、シェードの調整を行い、開花から成熟まで均一に、そして十分な養分を持ったチェリーを生産する努力を行いました。プロセスにおいて一番大切にしているのは、長期に亘って全ての工程をモニターし続ける事。そして、記録を取って適切な分析を続ける事だと言います。その努力の成果は、彼が2018年以来、毎回COEで上位入賞を果たしていることからも伺えます。彼の目標は、つながりを持てたバイヤーたちと末永い関係を築き、カップオブエクセレンスで1位を獲得し、喜びを分かち合う事です。その目標の為に、日々懸命にコーヒー生産に従事しています。

 

Barista Map Coffee Roasters Brewのオススメレシピ

(スイッチドリッパー1杯用:200gのお湯・温度88~91℃・硬度20-40の軟水)

Hot(4:6メソッド)

①40gのお湯を上下に攪拌するように注ぎ、ドリッパーを5回回してお湯と粉をしっかりと触れ合わせる(スイッチ使用20秒間、10秒は透過)


②0:30から、40gのお湯をまた上下に攪拌するように注ぐ。※2投目はスピンをしない(スイッチ使用20秒間、10秒は透過)


③1:00から、120gのお湯をドリッパーの真ん中に、1点投下し、1分25秒で注ぎ終わらせ、ドリッパーを5回回す。抽出終わりを2:10~30にて落ち切るように、挽き目を調整する(スイッチを使わずに全て透過式)